FC2ブログ

みつばちの郷が紹介されました!!

2009年1月4日 読売新聞 「食のふるさと」

読売新聞の岐阜版「食のふるさと」のページに、
でっかく!(紙面の1/3くらい!)
転地養蜂について、わがみつばちの郷会長:西尾清克が載りました!

2009.01.04 会長05

苦労は甘さの中

働きバチを「虫」、女王バチは「王様」。養蜂家はミツバチをこう言い習わして・・・
苦労は甘さの中

働きバチを「虫」、女王バチは「王様」。養蜂家はミツバチをこう言い習わしている。
「たくさんいるので名前は付けていないけど、みんなかわいい我が子だよ」。
転地養蜂を営む養老町の西尾清克さん(62)は、そう言って手塩にかけた巣箱を見つめた。
自ら創業したはちみつ販売会社「フラワーハネー」を長男の利也さん(40)に譲り、
季節の花を求めてハチたちと全国を巡る旅を10年前から続けている。

明治時代に始まった近代養蜂の発祥地として知られる岐阜県。
日本列島の「ど真ん中」という地理条件は、転地養蜂家の拠点としては最適地だ。
昭和40年代から権をあげて蜜源となるレンゲの作付が行われ、本県には国のレンゲ畑の
4割に当たる約3600㌶が集中する。西尾さんの父、由松さん(享年78歳)も転地養蜂を
営み、西尾さんが生まれる数年前に北海道から同県に居を移した。

転地養蜂の1年はせわしない。春に岐阜や鹿児島のレンゲ畑で蜜を採取した養蜂家たちは、
夏が訪れる頃、北海道の広大なクローバー畑に移動する。

花が蜜の良しあしを決めるとあって、養蜂家同士の縄張り意識は漁師にも劣らない
近くに別の養蜂家が巣箱を置けば採蜜量が減ることもあるからだ。

こうして花に導かれるように全国を移動して、11月には岐阜に戻る。
「ハチたちが寄り添って暖かくなるように」と寝床を狭くするなどして越冬させる。

全国を旅し自然と共に生きる養蜂家たが、ハチを含め、その自然が相手だけに苦労も絶えない。
「自分のハチに刺されることはもちろん、
 巣箱がスズメバチやクマなどの天敵に襲われることも多い。
 ハチに付くダニの被害も深刻」と話す。

西尾さんは3年前の秋に、ダニにより約1000万匹のハチを失ったという。

現在、国内で流通する蜂蜜の9割は中国産。
コストの高い国産蜂蜜は長らく冬の時代が続いた。
だが、輸入品の一部で加糖や抗生物質の混入が明らかになり、
食の安心・安全意識の高まりとともにここ数年、国産蜂蜜の需要は伸びているという。

同社の販売コーナーには、西尾さんとハチたちが集めた
「れんげ」「あかしや」「マロニエ」「ぼだいじゅ」など、花ごとの蜂蜜が並ぶが、
養蜂家の仕事と苦労は甘さの中に隠れ、容易にうかがい知ることはできない。

「だからこそぜひ味わってほしい」。
利也さんは父親の蜂蜜に胸を張る。


色、糖度、風味がそれぞれ異なる自然の甘さが口に広がった。
(米盛菜美)

もちろん、ウチのハチミツは会長が採ったハチミツだけじゃないんですが、
養蜂家がそれぞれ苦労して採っています
わが社の社員も夏には北海道に借り出され、「転地」しています!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://38nokeisai.blog114.fc2.com/tb.php/2-a08e8c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)